LINEで送る
Pocket

この記事は約 3 54 秒で読めます。

PING送信の重要性

サイトやブログの運営上、非常に重要な問題に「集客」がありますね。

せっかく記事を書いてアップしても、SEOで上位表示されるまではなかなかユーザーが入ってこなくて悩んでいる方も多いと思います。

ここで一度見直していただきたいのが「Pingの送信」です。

WordPressでサイトやブログを作成しているなら、ダッシュボードからかんたんに設定ができるのですが、これをさらに最適化することでSEOに大きなプラス効果があるんです。

そもそもPingとは?

Pingとは、サイトの更新を検索エンジンに伝えるものになります。

例えばグーグルに「サイトを更新したよ!」と伝えたい場合にはグーグルのサーバーに、Yahoo!に更新を伝えたいならYahoo!のサーバーに送る必要があります。

別にPingの送信をしなくても、時間が経てばクローラーが回ってきて、サイトの更新を持ち帰ってくれるのですが、クローラーが回ってくるまでに時間がかかるということ、サイトの内部リンクを上手に組まないと永遠にクローラーが回ってきてくれないという事もあるので、できればPingは正しく設定するべきです。

Ping送信の重要性が1分でわかる検索結果

青汁」という単語での次の検索結果を見て欲しいのですが

青汁のグーグル検索結果

グーグルでの検索結果1位:青汁ちゃんこんにちは


Bing検索結果

Bingでの検索結果1位:ファンケルオンライン

→「青汁ちゃんこんにちは」は検索結果に出てきません。

iPhoneのSiriは検索にBingを使っているのですが、Googleで見事1位をとっている「青汁ちゃんこんにちは」というサイトはBingの検索結果に出てこないため、非常に大きな機会損失をしています。

もちろん、それぞれの検索エンジンで別のアルゴリズムが組まれているので、必ず1位に来るとは限りませんが、2ページ目以降をずっと巡っていってもBingでは見当たらないので、Bingに「青汁ちゃんこんにちは」は認識されていないのでしょう。

なので、少しでも検索流入を増やすためにPingの設定は適切に行っておくべきです。

おすすめPing送信先

「おすすめPing送信先一覧」や「最新Ping送信先」というワードで検索すると、最新のPing送信先一覧が検索できます。

ですが、このPing送信先は検索エンジンが無くなったり、新しくできたりと常に変動しており、数カ月に1回はPingが正常に送信できているかどうかのテストを行う必要があります。

(※なのでこのサイトではおすすめPing送信先一覧は紹介しません。)

主要なものだけでも30も40もあるPing送信先を定期的にチェックするのはかなりの手間ですし、サイトの管理数が多くなればなるほど設定漏れが起きてしまうリスクがあります。

なので私は「PINGOO!」というサービスを使って一括設定しています。

Ping一括送信サービスPINGOOとは

その名の通り、Pingを一括で送信してくれるため、管理が非常に楽になるという利点があります。

また、Pingの送信先は常に最新のものにアップデートされているため、自分で管理する必要がありません。

私がPINGOOを利用し始めてから、全ての管理サイトにおいて検索流入が2割~3割増加しました。

WordPressを使っている場合、設定は非常に簡単で、PINGOOにサイトのURLを入力してWordPressの「設定 > 投稿設定」からPingの送信先をPINGOOに指定してやるだけです。

Ping設定

たった一行で済んじゃいます。かんたんですね。

PINGOO!にはプレミアムプラン、ビジネスプランなどありますが、はっきり言ってビジネスプランでないと使い物になりません。

ビジネスプランは意外に高くで月額3888円かかってしまいますが、しっかりとアフィリエイトを行っている上級者の方であれば、リターンのほうが多いのでぜひ無料プランから試してみてください。

2015年12月7日~12月17日まで「PINGOO!10周年」キャンペーンで、永久ライセンスが49,800円(税込)で購入できるのですが、

「いい商売だなこりゃ…」と思いながらも私も申し込みました。

数字が伸び悩んでいる上級アフィリエイターさんには特に一度見直してみて欲しいのがこの「Ping送信」の部分です。

サイト管理数が多ければ多いほど、管理の手間が削減できると思いますよ。

The following two tabs change content below.
あまるふぃ

あまるふぃ

アフィリエイターのあまるふぃです。SEOアフィリエイトで月に7桁売り上げています。アフィリエイトをこれから始める方にとっても、ある程度売り上げが立つようになった方にとっても有益な情報を提供できるように頑張ってまいります。