LINEで送る
Pocket

この記事は約 10 30 秒で読めます。

アフィリエイトとは何?

サイトを訪問いただきありがとうございます。

これからアフィリエイトを始めたいという方にとっては、まだアフィリエイトがどんなものなのか全容をつかめていないのではないでしょうか。

そもそも普通に生きている限り、アフィリエイトという単語とは出会うことはまずないと思います。

アフィエイトという言葉には「加入する」とか「関係する」とか「連携する」とかそういう意味合いを含んでいるのですが、とりあえず単語の意味を知ったところで使うことはないので一旦置いておきますね。

この記事では、これからアフィリエイトに挑戦したいと考えていて情報を集めているあなたのために、アフィリエイトとは一体どういうものなのかということを初心者でもわかりやすく1から10まで説明したいと思います。

アフィリエイトとはかんたんにいうと広告代理のこと

一言でアフィリエイトを表すとすると、代理店ビジネスです。しかも実店舗がいらずにウェブサイトだけあれば始めることができます。

商品を販売している会社と提携させてもらい、その商品をあなたがインターネットサイトなどを使って販売することによって中間マージンをもらうビジネスです。

私たちは普段、こう言った業態と接する機会が少ないため、具体的にイメージすることは難しいと思いますが、仕組みは簡単です。

通常の卸売業の形態を説明すると、以下のような図になります。

卸売業とはどんなもの?

まず販売元のメーカーがありそこから卸業者が介在し、小売業店舗つまり販売店に商品が並びます。

販売店を訪れたお客さんが商品を買うことによってそれぞれにお金が入ると言った仕組みですね。

上記が実店舗の構造です。あなたが普段買っているティッシュペーパーや飲み物、化粧品などほとんどのものはこのルートをたどってあなたの手元にくることになります。

これってかなり効率悪いですよね?

そこで商品を欲している人をそのまま販売元に紹介しちゃおうというのがアフィリエイトです。

インターネット使うことによってあなたは店舗を持たず、また在庫も抱えずに販売店となることができるのです。

この違いは一体どこにあるのでしょうか。

通常販売元にあるリストというのは卸売業者のリストとなるため、直接お客様の連絡先を知っているわけではありません。

例で言うとあなたの資生堂のシャンプーを買う時に、資生堂本社ににあなたの連絡先を教えたりしたことはないですよね。

ですが資生堂の化粧品を買うときはあなたは資生堂の化粧品販売担当者に連絡先教えるかもしれませんね。

この違いを考えることがアフィリエイトというビジネスを考える上で非常に重要になってきます。

販売元であるメーカーは一度商品を手に取ってもらった後に、再度商品を手に取ってもらったり、または別の自社商品を手に取ってもらうために直接お客様にアプローチがしたいと考えています。

でも、自社にはお客様のリストは入ってこない。なので、自社とお客様をつないでくれる仲介人的な存在が必要だったわけです。

その仲介をしてくれるのが、アフィリエイトをしている人。つまりアフィリエイターということになります。

アフィリエイト報酬はお客さんを紹介したお礼

メーカーはもちろんタダでお客さんを紹介してもらえるなんて思っていません。

お客さんを紹介してくれたら1人あたりいくらというように報酬をアフィリエイターへと支払います。

その紹介に当たる部分が

  • メールアドレスの無料登録
  • 無料見積もりサービスへの申し込み
  • 商品購入(サービス申し込み)

となるわけです。基本的には上記の3つのどれかであることが多いですね。

メールアドレスの登録であれば、登録先の会社が登録してもらったメールアドレスに対してセールスのメールを送ります。

例えば無料メールアドレス1件500円のアフィリエイトだとしたら、100人登録されたら5万円ですね?

登録先の会社は100人に対してセールスをかけて、その内の何人かはメーカーの商品を買うため、5万円よりも会社は儲けることになります。

無料見積もりサービスへの申し込みの場合は、例えば引っ越しの一括見積もりであれば、一括見積もりのサイトを運営している会社は一括見積もりに入力されたアドレスをメーカー数社に一気に渡します。

それぞれの会社から1件あたりいくらという報酬をもらえるため、その一括見積もりサービスを紹介してくれたアフィリエイターに対しても報酬を支払うことができるという仕組みなんです。

一括見積もりサービスの場合は、たいてい高額案件が多いのも、一括見積もりサービスの運営元はそれ以上にメーカーからたくさんお金をもらっているということです。

この場合はアフィリエイターであるあなたは、お客さんをメーカーの仲介人に紹介するイメージですね。

そして最後の商品購入(サービス申し込み)ですが、商品を購入してくれた人やサービスに申し込んでくれた人の中には、メーカーやサービス提供会社のファンになり、リピートしてくれるお客さんが出てきます。

そういったロイヤルカスタマーユーザーがいてくれるおかげで、メーカーは高い報酬をアフィリエイターに支払うことができるという仕組みです。

最近は、こういったリピーターを抱える施策はどこの会社も高いレベルで行っているため、商品代金よりも多くの報酬額をアフィリエイターに支払うことができる会社も少なくありません。

アフィリエイトは儲かるの?

ここまでご説明したとおり、メーカーにとってはアフィリエイターというのは非常に大きな役割を担っている存在だということができます。

アフィリエイト報酬を支払う代わりに、アフィリエイト報酬以上の売り上げを作り出してくれるお客さんを紹介してくれるわけですから。

なので、アフィリエイターはメーカーから重宝され、大切な存在として扱ってもらうことができます。

それがそのまま報酬額に返ってくるために、アフィリエイターは高い報酬をもらうことができるんですね。

こういった仕組みをちゃんと理解しておけば、アフィリエイトというビジネスモデルは儲かるということがすぐに理解できると思います。

よく巷では「アフィリエイトは稼げない」だとか「アフィリエイトは終わった」ということを言う人がいますが、あまり真に受けることはしない方がいいです。

アフィリエイトの概要をきちんととらえて、適切に行っていけばこれほど儲かるビジネスモデルは他にないと言ってもいいでしょう。

私はアフィリエイト商品を扱っているメーカーさんと仲が良くて、通販商材を扱っている数十社と良く会って話す機会があるのですが、多くの会社さんが

「アフィリエイターさんが羨ましい!」

ということを口を揃えて言います。

メーカーは、アフィリエイターに報酬を払うためには、いい商品を作り、顧客のリピート率を上げ、競合との戦いに勝ち抜かないといけません。

私たちアフィリエイターが普段扱っている商品の販売元のメーカーには、実は苦労や不安も多いのです。

いいアフィリエイターさんと巡り合えないと言って悩んでいるメーカーだって星の数ほどあります。

また、アフィリエイトというのは元手がほとんどかからずに始めることができますが、メーカーは何千万円もの初期費用を持って商品を開発して販売しています。

利益率に関しても、アフィリエイトはSEOで行う場合はほとんどランニングコストがかからず、普通にやってると利益率90%を超えているアフィリエイターも少なくありません。

アフィリエイトは儲からないと思ってしまっているとしたら、まずは自分のそのイメージをシフトすることをおすすめします。

私は「どうせ儲からないだろう」と思いながら仕事をしている会社や人で、儲かっている人をあまり見たことがありません。

アフィリエイトへの悪いイメージが知らず知らずのうちにあなたの足かせとなっているケースが非常に多いことをまずは理解してください。

アフィリエイトは空いた時間でできるから副業にぴったり

アフィリエイトのもう一つの利点が「空いた時間でできる」ということです。

ASPの主催するアフィリエイトの勉強会などに参加すると、主婦で子育てをしながらアフィリエイトをしていて、月に何百万円も稼いでいるような人がゴロゴロいます。

パソコン1台あればいつでも作業できるので、私もこの記事を福岡のグランドハイアットのロビーの喫茶店で空き時間に書いています。

ノルマもないため、商品を紹介してもし売れなかったとしてもあなたにとっては何のマイナスもありません。

仕事が忙しい会社員でも、家事に追われる主婦でも、毎日たった1時間だけ集中して作業する時間を作れば、月に30時間くらいは確保できるのではないでしょうか?

休日に8時間くらいまとめて時間をとって、頑張って作業すれば、月に50時間の確保は誰でもできると思います。

50時間もあれば比較的しっかりしたアフィリエイトサイトをひとつ完成させることができます。

1ヶ月に1サイト完成させることができるので、半年で6サイトができる計算ですね。

それぞれのサイトが月に10万円ずつ利益を生み出してくれるとしたら、それだけで60万円も稼げる計算になります。

ちなみに、1サイトで10万円というのは比較的かんたんに達成できる数字です。

7ヶ月目にそれぞれのサイトの内部構成を調整したりして成約率を引き上げ、1サイト30万円くらい生み出してくれるサイトにできたらそれだけで180万円です。

もちろんSEOを行う場合は、サイトが検索順位で上がってくるのが早くて2ヶ月くらい、しっかりやれば半年くらいのイメージなので半年後に得られる報酬は月に数十万円かもしれませんが、それでも副業収入としては十分ですよね。

それだけ副業での収入があると確定申告が必要になってきます。アフィリエイトに本気で取り組むのであれば早い段階で確定申告のことは考えておくことをおすすめします。

私の場合は3ヶ月アフィリエイトをやってみて、法人化した方が都合がいいことがわかりすぐに登記しました。

それほどまでにアフィリエイトというのはかんたんにお金を生み出せるビジネスモデルなんです。

  • 毎日仕事が忙しく、家族との時間も取れない
  • 会社の業績が傾きいつクビになるかわからない
  • 給料カットで生活が苦しくなった
  • 自分で自由に使えるお金が全然なくて困ってる

こんなことに悩んでいるあなたは、リスクなく始められるアフィリエイトを今からでも初めてみてはいかがでしょうか。

アフィリエイトに取り組んでいて、月に1万円以上売り上げを上げることができる人が、全体の6.5%というデータが2014年に日本アフィリエイト協議会から発表されているため、私も最初はアフィリエイトって難しいのかな?と思っていました。

でも、いざ始めてみるとあることに気がついたんです。

儲かるとわかっていてもなかなか行動に移せなかったり、真剣に取り組むことができる人って意外と少ないものなんです。

長期視点でみたら絶対にプラスだとわかっていても、目の前の「楽」を選んでしまう人が大多数を占めているんですね。

私は、通勤の電車内で携帯ゲームに真剣に取組んでいる中年サラリーマンを横目に、SEOの記事を読んで知識を蓄えていました。

携帯ゲーム内で大きな成果を上げて満足感を得る人生を選んでいるのは彼の選択ですから、私はそれに対してとやかく言うつもりもありません。

パチンコ屋さんに朝から並んで、一生懸命目の前の小さなリターンのために時間を費やしている人を見て、私は自分とは価値観が違うんだなと感じます。彼らはパチンコで大勝ちすることを目標としているのでしょう。

こういった例を出したのは、そういう人を卑下するのが目的ではなく、アフィリエイトにおいて本当に強い敵はそんなに多くはないということをお伝えしたいです。

これからアフィリエイトに取り組もうと考えているあなたは、半年後、1年後に自分がどうなっていたいという目標は希望はありますか?

その目標に向かって、まずは構えずに今日からアフィリエイトに取り組んでみることをおすすめします。

The following two tabs change content below.
あまるふぃ

あまるふぃ

アフィリエイターのあまるふぃです。SEOアフィリエイトで月に7桁売り上げています。アフィリエイトをこれから始める方にとっても、ある程度売り上げが立つようになった方にとっても有益な情報を提供できるように頑張ってまいります。